幼い頃から習っていたピアノは大人になっても楽しい

幼稚園から中学二年生まで、週に一度ピアノ教室に通い、ピアノを習っていました。
最初は、カスタネットなどの楽器を使って、リズムの取り方から鍵盤の弾き方を教わり、簡単なメロディーを演奏するところからスタートしました。
練習用の楽譜にはレベルがあり、段々と難しくなりました。
音符にはたくさん種類があり、ト音記号やヘ音記号、四分音符など、覚えるのに苦戦したこともあります。そして年に一度、私の通っていたピアノ教室では、他の教室の生徒さん達とコラボレーションして行われる、ピアノの発表会がありました。
大会ではなく発表会なので、優勝を目指して競い合うような場ではなく、皆それぞれに他の子の演奏を聞いて感想を言い合ったり、自分の実力を試す場でもありました。
私の場合、家族がその様子を、毎年ビデオに残してくれていたので、成長を感じられる機会でもありました。
また、ある程度の楽譜が読めるようになると、学校での音楽の授業で伴奏を任されたりしました。とても楽しかったのを覚えています。
受験のため、ピアノ教室に通うことはなくなりましたが、ピアノを弾くことは好きなので、週に一度はクラシックからJ-POPまで様々な曲を演奏しています。山口 車買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です