寝付きが悪くなり、疲れがなかなか取れないこと

“ここ1ヶ月寝付きが悪くなり、長時間眠っても睡眠時間がずれてしまう事により、
起床後も疲れが残り体の怠さや頭が働かないなどの弊害が生まれてしまいます。
これが原因で昼間に仕事をするまたは何か作業をする際に集中できなくなったり、あるいはやる気が出ないということもあります。
また精神面でも影響が出てしまい、気分が落ち込んでしまったり何かしらの不安を感じてしまうなどということもあります。
原因は
・夜遅くまで(0時過を過ぎても)パソコン、もしくは寝床でスマートフォンを操作することによって強い光を浴びていること。
・生活リズムが乱れて食事の時間がずれてしまい眠りが浅くなること
・更に夜型の生活になり夜中に眠れなくなってしまうこと
だと思われます。
そのため今後、改善案としてできることは
・昼間(なるべく午前中)に起床し外出して太陽光を浴びること
・パソコンやスマートフォンは寝る前に使用しないこと
・早く寝ることが無理ならば、早く起きる習慣をつけること
が基本になるかと思います。
ではどのように実行すればいいのかというと、やはり昼間に何かしらの仕事・運動をするということが効果的です。
そのためにはまずは外出をして自分に負担がない範囲での活動を昼間に行うことが重要だと思います。”
シズカニューヨーク 激安